ホスピピュアがデリケートゾーンの黒ずみに効果的なワケは?


女性なら誰もが一度は、水着を着るとき、あるいは際どい下着を身に着けて
『いざ!勝負!』というとき、様々なシチュエーションでデリケートゾーンが気になるという経験がありますよね?ホスピピュアはそんなときの強い味方なのです!

 

他の箇所とデリケートゾーンの違い

デリケートゾーンは、そもそもなぜ“デリケート”と呼ばれているのでしょう。
それはおそらく“デリケートであるにも関わらずいつも刺激にさらされていることでよりデリケートになってしまう”ということが言えるのではないでしょうか。
デリケートゾーンは他の箇所に比べ、毛量も多く、密集しています。
体毛があるところというのは、洗うだけでも擦れがちですし、蒸れが生じ、酷いときはかゆみが出て軟膏を塗ることもあります。
また、下着に締め付けられる、無駄毛の処理をする、といった肌への刺激がとても強いダメージとなってしまうので、まさに、悲運の箇所と言っても過言ではありません。
強いダメージがあっても見えない所なので気付きにくく、痛みやかゆみを伴う状態になるまでわからない事も少なくありません。

 

デリケートゾーンに黒ずみが生じるのはなぜ?

お肌にとって一見迷惑なようである黒ずみは、一体なぜできるのでしょうか。
それは、お肌を守る為に他なりません。黒色化することで、これ以上その部分が外敵に攻撃されないように守るのですが、この時、肌が乾燥するため硬くごわつきます。それでバリアの代わりをするのです。

黒ずみとシミの違い

黒ずみはシミの出来るメカニズムと同じように作られるのですが、シミは紫外線の影響を受けることが大半なのに対し、黒ずみは摩擦などの刺激が大きく影響しているという印象です。
まさに、刺激のオンパレードとも言えるデリケートゾーンは黒ずみやすい箇所であると言えます。
黒くごわつきもある肌にとっては、二つの事を同時にしてあげなければなりません。
それは黒ずみの原因へのアプローチともう一つ大切なのはきちんと保湿し、肌を乾燥状態から脱却させてあげることです。

 

2つのケアを同時に!を叶える魔法のクリーム

上記の通り、黒ずみを撃退するためには同時に保湿もしなくてはなりません。
黒ずんだお肌の硬くごわごわしたバリアを柔らかくしなくては、せっかくの美白成分が浸透しないのです。
ホスピピュアの美白成分というのは、ただ白くするだけではなく、黒ずみの出来るメカニズムに着目し、根本的にメラニンの過剰な生成を抑えることの出来る高機能な成分です。
これは『トラネキサム酸』と言う、医療現場で長年活躍してきた信頼性の高いものです。

 

かの有名な湘南美容外科監修の元で作られているのが分かるポイントで、『薬用』と明記されているのも安心できますね。
さすが、皮膚の専門家が集まっているだけあって、保湿へのこだわりも半端ではありません。
浸透させる成分にも自然由来のものが多くデリケートな肌にも使えるよう気遣われており、その成分をシアバターで閉じ込める徹底ぶりです。まさに、デリケートで質を根本から改善したいお肌にはうってつけです。